祝ノーベル物理学賞!

昨夜、国際的なビッグニュースが飛び込んできました!

今年のノーベル物理学賞に、アメリカプリンストン大学上席研究員である真鍋淑郎さんが選ばれました。

物理学賞の受賞者は、2015年の梶田隆章さん以来、12人目だそうです。

真鍋さんは、地球温暖化に関する研究の先駆者的存在で、1950年代末からアメリカに渡り、スーパーコンピュータを用いて気候の変動を分析する研究分野を開拓しました。

その後、二酸化炭素の増加が大気や海洋に及ぼす影響を世界に先駆けて研究し、理論的な基礎を確立すると共に、コンピュータ実験によって、世界各地の気候変化を推定する研究において世界をリードし、「大気海洋結合モデル」として現代の地球温暖化予測の枠組みを築きました。

現在はアメリカを拠点に研究活動に励んでいらっしゃるとのことですが、しばしば日本を訪問し研究指導や講義を行ない、日本における気候変動研究を最先端に導くなど学術の発展・向上に大きく貢献されました。

ノーベル物理学賞というと、「天体」や「原子」、「素粒子」などに関係する分野が中心だと思っていましたが、「気象」や「地球環境」に関する受賞もあることを今回改めて知りました。

ノーベル賞の受賞は素晴らしいことで、私たち日本人にとって、大変誇らしいことです。

さらに受賞した研究内容が地球温暖化対策という、地球規模における大きな課題解決に関する研究です。

その成果は、未来の地球を救うために、今の私たちができる取り組みや活動につながるものだと思います。

今回の受賞を機に、さらなる具体的な取り組みが進んでいくことを願っています。

真鍋先生のインタビューをお聞きしていて、何よりも驚いたのは90才というご年令でありながらも、今なお好奇心旺盛で、新たな研究や発見に向けて目を輝かせながら語られる姿でした。

私自身、年甲斐も無く、さまざまな事柄に興味が飛んでしまうところがありますが、いつまでも好奇心を持ち続けることは素晴らしいことだと知ることができました。

改めまして、真鍋先生、ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます。

LIVE】ノーベル物理学賞に真鍋淑郎さんら(2021年10月5日) - YouTube

真鍋淑郎氏にノーベル物理学賞 気候変動のモデルを開発:中日新聞Web

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力