挨拶、その大切さ。

金曜日、今週は今日で授業は終わりです。

台風接近の影響か、今日は一日中、雨まじりの天気となりました。

先日読んだ本に、とても興味深いことが書かれていたので紹介したいと思います。

本のタイトルは『なぜか好かれる人がやっている100の習慣』。

「すべての悩みは対人関係の悩みである」とは心理学者アドラーの言葉ですが、人間関係はとても難しい問題です。

その人間関係を構築するためのコミュニケーションについて学びたいと思い、購入した本です。

その中で「挨拶」について書かれていた部分がありました。

「気持ちのよい挨拶」は本校でも学校運営の基本方針として掲げています。

以下に抜粋して紹介します。

 

【どんなときも自分から挨拶する】

挨拶は先手必勝です。先にした方が勝ちなのです。

目も合わせず、ぼそっと挨拶すると、その日一日が台なしです。

挨拶はアイコンタクトをして、明るくが基本です。

自分の機嫌や体調の良い悪いにかかわらず、いつもするのが挨拶です。

嫌われる人は機嫌が悪いと挨拶がブスッとしています。

自分からするのが挨拶です。

「おはようございます!」と相手に言われてから言うのは、挨拶ではなく単なる応答です。

そして、「おはようございます。今日は良い天気ですね」と続けて一言つけ加えられると会話が生まれます。

 

【挨拶は人柄と人付き合いの縮図】

挨拶は人と関わりを持つための第一歩です。

しかし、挨拶を甘く見てはいけません。

挨拶の仕方を見れば、その人がどんな人物なのか、相手に対してどんな序列をつけているのかすぐに分かるからです。

新卒の採用担当者は「元気に挨拶できるだけで、学生さんの場合はかなり好印象です」と言います。

そこに人柄が出るからです。

大声で話す人には嘘つきはいないと言われますが、明るい笑顔で大きな声で挨拶できると、それだけで元気でコミュニケーション能力

がある人に見えます。

多くの人は、友だちには気楽に、お客様には丁寧に挨拶すると思います。

挨拶はあなたが相手にどんな序列をつけているのかを反映し、周りに知らしめています。

挨拶とはあなたの人柄と人付き合いの縮図なのです。

 

本書を通じて、改めて「挨拶」の大切さを知りました。

これからも、明るく気持ちのよい挨拶を、心を込めて、先手必勝で行っていきたいと思います。

 

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力