私の健康法。

5月31日火曜日、今日で5月も終わりです。

昨日とは打って変わって、朝のうちは雨交じりで肌寒さを感じる陽気となりました。

まだまだ変わりやすい天気が続くようで、体調管理にひと苦労です。

以前にこのブログにも書きましたが、私が続けている健康法があります。

それは医学博士の青木厚先生が提唱する「16時間断食」です。

青木先生が書かれた「空腹こそ最強のクスリ」に刺激を受け、この健康法に取り組み始めました。

そもそも「16時間断食」とは、一日の中で食事をとらない時間を16時間連続で作るだけで、体重が減少し、体の不調が改善する健康ダイエット法です。

2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「オートファジー」の研究をもとに生み出された方法です。

オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みのことです。

オートファジーを働かせるためには、連続して16時間以上の空腹の時間が必要です。

それ以外の8時間は、何を食べてもよいことになっています。

16時間というと長く感じる人もいるかもしれませんが、寝ている時間をいれると案外無理なく行えるものです。

例えば、今日の夕食は20時に食べ終わりました。

それから16時間、水分以外は何もお腹に入れずに、普通に仕事をします。

16時間後の昼12時になると、昼食を食べることができ、夜の20時までは何を食べても構わないのです。

もともとは内臓脂肪を落とすことを目的に始めたものですが、かれこれ1年以上、この健康法を続けています。

たまたま私には、無理なく取り組めるダイエット法だったのかもしれません。

1年経った成果は次の通りです。

 ①体重は6キロ減の状態を維持している。

 ②朝食を食べないため、朝の時間に余裕ができた。

 ③腹囲は7cm縮まり、その状態をしている。

 ④昼食がとても美味しい!

 ⑤身体の内外が浄化し、スッキリした気持ちで毎日を過ごしている。

半信半疑で始めたもののいいことばかりで、この先も続けていきたいと思っています。

体重減が目的ではなく、体調維持を目的に気長に続けたいと思っています。

さらにプラスアルファで行っている食事法があります。

それはオートミールを主食にしていることです。

私の昼食は、毎日妻がお弁当を作ってくれています。

日々美味しいおかずで楽しませてくれて、一日の活力源になっています。

さらに白米の代わりに、米化させたオートミールをご飯代わりに入れてくれています。

オートミール(オーツ麦)は全粒穀物であるため、食物繊維やミネラルが豊富です。

特に食物繊維は玄米の約3倍も含まれています。

腸内環境の改善にも役立ち、お腹の調子もよい状態が続いています。

さらの水溶性食物繊維のβーグルカンは血糖値の急上昇を押さえてくれる効果があります。

正にいいことづくめのオートミールですが、最近は様々なスーパーで目にするようになりました。

私のお気に入りは、化学農薬不使用、化学肥料不使用のオーガニックのオートミールです。

我が家では結構な消費量で、お弁当だけではなく、クッキーなどにも活用しています。

私の健康を第一に考え、毎日お弁当を作ってくれる妻には本当に感謝しています。

夕食は基本的におかずしか食べないので、このお弁当が一日で唯一の主食となります。

慣れてしまうと全く苦にならないどころか、身体は極めて調子がよい状態が続いています。

こちらの食事法については、今後も継続していきたいと思っています。

毎日こんな健康法と食生活を続けていて、ストレスが溜まらないのかと思われる方もいると思いますが、それには大切なポイントがあります。

それは、日曜日をチートデイにしているということです。

チートデイとは、「cheat(チート)=だます・ズルをする」という意味で、飢餓状態だと思い込んでいる身体をあえて摂取カロリーを増やすことでだまし、減量を効率よく進めるためのテクニックです。

まあ簡単に言うと、日曜日は何を食べても、何食食べてもOKとしているのです。

何を自由に食べてよいので我慢していた食欲が解放され、ストレスをためることなく16時間断食を続けることができています。

あまり根をつめすぎると、かえって逆効果になることもありますので、無理なく今後も続けていきたいと思います。

先週の健康診断の結果を楽しみに待っていたいと思います。

オートミールは低カロリーで栄養素たっぷり!注目の健康効果と ...

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力