科学者!?

6月2日木曜日、今週も折り返し点を過ぎました。

前期中間試験の答案返却が、各授業で行われています。

校長室の前で通りすがりの生徒に声を掛けると、おおむね「よくできました!」との声が返ってきますが、真実は如何に?

今日は卒業生のK君が訪ねてきてくれました。

K君は本校のラグビー部の卒業生です。

本校卒業後は順天堂大学へ進学し、体育の教員免許を取得。

その後、同大学院へ進学し、卒業後は同大学で講師として授業も担当していました。

専門は体育の中でも、統計やデータ分析などを専門としていました。

海外の学会等にも積極的に参加し、英文の論文も何本も発表しています。

現在はプロラグビーリーグ「リーグワン」のあるチームで、アナリストとして働いています。

ラグビー界でのアナリストとはどんな仕事を担当するのでしょうか。

ずばりそれは「数字」です。

ラグビーの世界ではこの「数字」に当たるものを「スタッツ」と呼びます。

テレビ中継を見ていると、ハーフタイムや試合終了後に、「トライ数」「ペナルティゴール数」「ボール支配率」などの数字が表示されることがあります。

アナリストとは、この数値化された「スタッツ」を分析し、「どういう傾向にあるか」「どこに弱点があるか」などを導き出す仕事です。

プレイヤー1人1人のスタッツを細かく分析し、その後の戦略に活かすことがアナリストの仕事です。

大学院で専門的に学んだことを活かして、プレイヤーとしてではなく別の形でラグビーに携わってきたのです。

「アナリスト」として働いているだけでもスゴイことですが、来シーズンからは肩書きが「スポーツサイエンティスト」に変わると教えてくれました。

「サイエンティスト」は「科学者」ですから、「スポーツを科学的に見る」ことにさらに特化した立場で仕事をするとのことでした。

改めてトップレベルのスポーツ界では、「スタッツ」をはじめとする「数字」が極めて重要であることを実感しました。

数字を分析することで、チームの戦術や選手の交代を判断するわけですから、とても大きな責任を伴う仕事です。

卒業生でプレイヤーとして活躍しているOBは何人もいますが、スポーツサイエンティストとして働いている卒業生は私の知る限りではK君が初めてです。

最近複数の大学が「データサイエンス」を学べる学部やコースを設定し始めています。

データを詳細に分析することは、全ての分野で有効に活用できるはずです。

ビジネス、政治、スポーツ、健康、レジャー。

これからの未来に不可欠な分野となるはずです。

K君の話を聞いているだけでも、こちらがワクワクすることが多々ありました。

新たな分野で活躍してする卒業生の活躍を、ときどき紹介していきたいと思います。

今後のK君の活躍を祈っています。

 

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力