保護者の方へ

求められる学力の変化に対応する正智深谷の進学サポート

教育の2020年改革に向けて

2020年から大学入試が大きく変わります。
従来の「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」や「主体性・多様性・協働性」が問われる問題が中心になり、英語では、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を身につけていることが必須となってきます。
2021年1月実施の「大学入学共通テスト」対策はもちろん、近年多くの大学の入試に活用される英語資格・検定試験対策にも正智深谷は積極的に取り組んでいます。
進学講習で確かな学力を築くことはもちろん、小論文やプレゼンテーションなど、これからの入試に求められている新たな受験対策を行い、生徒の進路実現をめざします。

高校生

※文部科学省 高大接続システム改革会議最終報告より

① 英語資格・検定試験対策講習を強化

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に評価する英語民間検定試験を入学試験の英語の評価として活用することが大学入試改革の方向性として示されています。
正智深谷ではこうした対策にいち早く取り組んでいます。これからのグローバル社会に求められるコミュニケーション力を養うためにネイティブによる授業を実施し、進学講習においても4技能を重視した英語資格・検定試験対策講習を実施しています。

② 思考力・判断力・表現力を高める入試対策

新たな大学入試では知識を身につけただけでは対応できない思考力・判断力・表現力が問われる出題が多くなると言われています。正智深谷の進路指導でも、こうした思考力・判断力・表現力が問われる出題への入試対策を実施します。一般入試においては特進クラスの土曜講座や2・3年次の進学講習を中心に実施し、推薦入試では3年次に実施する小論文講習や推薦入試対策講習の中で実施します。

③ 確かな学力を身につける進学講習・補習

一般入試はもちろん、AO・推薦入試でも今後は学力評価が必須になっていきます。
正智深谷では、あらゆる入試方式に対応できる教科講習を以前から実施していましたが、大学入試改革に向けて、さらに選択できる教科講習の幅を増やすだけではなく、基礎講習などの補習も充実させ、確かな学力を身につけていきます。
1・2年次から放課後講習を設定し、夏期講習・冬期講習を行います。3年次には難関大の個別対策講習や医療系対策講習など、きめ細やかな対策講習を実施しています。

第一志望・現役合格のための
環境が整っています
先生と生徒
【ICTを用いた進路指導】

2020年の入試改革に向け、ICTを用いた進学指導にいち早く着手しました。タブレット端末に希望進路、学習状況、もし結果、課外活動状況などを記録したポートフォリオを作成し、個別面談を通じて生徒のビジョンに応じた最適な指導を行っています

【大学受験対策模擬試験】

本校ではベネッセの進路模試・実力判断テスト、駿台予備校の大学別模試、新宿セミナー看医模試などを各学年3回~9回実施。構内だけでなく全国レベルでの実力を確認することができます。

【自習室・進路指導室】

自習室は平日の19:30まで利用可能です。長期休暇中も利用できます。仕切りのある広い机で落ち着いて学習に専念できます。進路室には進路相談担当教員が常駐し、進路相談や進学資料の閲覧も可能です。

正智深谷高校の気になるトコロ

本校について

本校について

正智深谷高等学校の基本情報のご紹介です。

詳細ページへ

教育方針

施設紹介

正智深谷高等学校の3つの教育方針についてのご紹介です。

詳細ページへ

学校評価報告

学校評価報告

正智深谷高等学校の学校評価報告です。

詳細ページへ

体験入学・説明会

体験入学・説明会

オープンスクールや強化クラブ見学会、学校説明会等のご紹介です。

詳細ページへ

授業料等

授業料等

入学検定料や入学手続金、月額納付金等の学費についてのご紹介です。

詳細ページへ