卒業後の進路

卒業生の声

  • 東京大学大学院
    新領域創成科学研究科
    国際協力学専攻

    国際教養大学 国際教養学部
    (2020年3月卒業)

    斎藤 汐里さん [2016年 3月卒業]

    課題を発見し、行動していく力を養えます

     現在は東京大学大学院で環境問題とパートナーシップについて学んでいます。正智深谷を卒業してから5年が経ちますが、アクティブラーニングやSDGs学習など、新しい取り組みが実施されていて大変驚きました。こうした「課題を発見し、行動していく力」は社会で必要となる素養ですので、授業の一環で学べる皆さんを羨ましく思います。ぜひこの機会にたくさん習得してください。
     高校時代はあっという間に過ぎてしまいましたが、卒業後も変わらず気にかけてくれる先生方には、今も感謝しています。

  • 東京理科大学
    基礎工学部 生物工学科

    岡田 友花さん [2020年 3月卒業]

    (熊谷市立妻沼東中学校 出身)

    決め手は充実した学習環境と焼きたてパンとスクールバスです

     正智深谷は、担任の先生や授業の先生、そうでない先生までもが嫌な顔一つせず質問に答えてくれたり、親身になって相談に乗ってくれます。また、学校が遠い生徒にとってはスクールバスがとにかく便利です。文化祭では、グルメの祭典と言えるほどレベルの高い料理を提供したり、大掛かりな遊具を企画できます。
     暑い日の部活も、自習室や図書館にこもり励んだ受験勉強も良い思い出です(笑)私の入学の決め手は、学習環境が充実していることに加え、校内ベーカリーとスクールバスにも魅力を感じたからです。受験生の皆さんも情報収集をしっかりして、悔いのない学校選択をしてください。

  • 早稲田大学
    商学部

    及川 智哉 さん [2020年 3月卒業]

    (嵐山町立玉ノ岡中学校 出身)

    最後まで諦めずまじめに取り組むことが将来への近道です

     正智深谷の良いところは、生徒一人ひとりに対応してくれる進路指導のきめ細かなところです。また、先生方の授業は分かりやすく、ためになることをたくさん教えてくださいました。
     高校生活では部活動や趣味の自転車にも力を入れ、2年次後半~3年次では受験勉強を熱心に行いました。1年次からまじめに授業を受けていたからこそ、趣味の自転車を続けられ、受験勉強にも焦らず取り組めたのだと思います。
     受験生の皆さんには、勉強は受動的にならず率先して取り組んでほしいと思います。努力すれば結果はついてくるので、最後まで第一志望校合格に向けて頑張ってください。

PAGE TOP