卒業後の進路

卒業生の声

  • 埼玉大学 教養学部

    豊田 楓佳さん [小川町立西中学校出身]

    ー大学入試に向けての学習について聞かせてください。

    受験勉強については、授業を大切にし、間違えたところは次にできるように、常に心がけていました。また、模試の復習は後回しにせず2日以内にやりました。睡眠時間を削らないように、バス通学だったので、バスの中での時間も有効に使って英単語等の勉強もしていました。夜は遅くまで起きていないで、朝5時に起きて勉強することもありました。学校が大好きだったので、家庭研修以降、勉強に疲れたときは学校にきてリフレッシュしていました。

    ー正智での思い出と中学3年生のみなさんにメッセージをお願いします。

    正智での思い出は、春休みに行われた「進学合宿」です。富士山麓の絶景の中で勉強をしたことは強く印象に残っています。正智深谷高校は、とても魅力的な先生ばかりで、授業も分かりやすいです。英検や漢検などの対策もしてくださり、勉強に関して不安はありませんでした。

  • 埼玉大学 教育学部

    恩田 美優さん [熊谷市立三尻中学校出身]

    ー大学入試に向けての学習について聞かせてください。

    1,2年生のときは、朝・帰りの小テストや中間・期末テストでしっかり点数が取れるように勉強をしていました。3年生になると、問題演習を数多くこなし、わからなかったことやできなかったことは、時間を置かずに復習をしていきました。英語は、1月以降、毎日1題長文問題に取り組みました。睡眠時間は確保しつつ、「今やらなければ!」という思いで受験勉強に取り組みました。

    ー正智での思い出と中学3年生のみなさんにメッセージをお願いします。

    生徒会に所属していたので、文化祭の企画・運営をしたことが良い思い出です。思うようにいかず苦労も多かったですが、多くの仲間と協力し合い、無事成功できたことが自信になっています。
    高校は中学に比べて、学ぶこともより深くなり、また、人との出会いも多くなります。貴重な高校生活を充実したものとするために、真剣に学校選びをしてください。

  • 埼玉大学 工学部

    細渕 竜真さん [上里町立上里北中学校]

    ー大学入試に向けての学習について聞かせてください。

    6月までバレーボール部に所属していたため、受験勉強のスタートが遅くなってしまいました。部活動が忙しかったが、授業中により多くのことを理解するために努力をしました。夏休みは、遅れを取り戻すために毎日10時間以上勉強し、睡眠時間もあまりとれませんでした。
    大変な経験でしたが、結果が出て本当に良かったと思います。やれば、結果がついてくるという自信にもなりました。

    ー正智での思い出と中学3年生のみなさんにメッセージをお願いします。

    部活動を通して信頼できる友人もできましたし、クラスメイトにも恵まれ、毎日の学校生活が楽しく、充実していました。私立高校が第一志望の方は、早めに受験が終わってしまうと思います。しかし、そこがゴールではないので、ぜひ、入学までの期間を無駄にせず、しっかり勉強をしておいてほしいと思います。

PAGE TOP