後期始業式

104日(月)

本日より後期がスタートしました。

夏休み終了後、緊急事態宣言のもとリモート授業での学習が続いていたため、友人との再会や久しぶりの教室での授業に喜ぶ姿がみられます。まだまだ不安な日々は続きそうですが、教室に机を並べて学びあう環境に改めてありがたく感じています。

1時間目に放送にて校長講話がありました。

校長講話では

「ようやくこうして皆さんが登校してもらえるようになりました。

しかしながら、新規の感染者が減っているとはいえゆるみが出がちである。感染防止のために、やるべきことをやっていってほしい。手指の消毒や休み時間毎の換気への協力等の協力をお願いしたいと思います。

さて後期は3年生にとっては進路を決定する大事な時期です。

進路結果が出ている生徒にとっては気を抜かずに、またこれからの生徒は万全に準備を整えて頑張ってほしいです。

本日から再開する授業への準備をしっかりし、1時間1時間を大事に、今ここにいることに感謝しながら、また心を落ち着かせて学校生活に取り組んでいきましょう。

この危機を乗り越えることがみなさんの成長に繋がることを願っています。

後期も元気に頑張っていきましょう。」

と応援メッセージが添えられました。

校長講話に続き「法然会」にて写経を行いました。

様々な願いを込めて丁寧に写経に取り組んでいました。

心を落ち着かせ目の前のことに取り組むに相応しいスタートを切ることができました。

 

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力