Mind Charging vol.44 『野口英世の名言』

今回の『Mind Charging』は、『ヒューマンダイナモ(人間発電機)』と呼ばれた日本の医師細菌学者である『野口英世』の名言です。

千円札に肖像が描かれているほどの人物ですから、言うまでもなく歴史にその名を残した人物です。実は『英世』という名前は22歳の時に改名されたもので、幼名は『清作(せいさく)』だったそうです。

尋常小学校の時に『訓導』に英才を認められ、高等小学校進学の学費を与えられ、学びを深めるチャンスを得ることになります。自分の能力を評価され、出資されたわけですから幼くして『研究のプロ』になったわけです。映画やドラマのような話ですね。

紆余曲折を経て、日本が誇る細菌学者に昇りつめた人物の残した言葉とは?

Mind Charging vol.44 5.29

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP