Mind Charging vol.67 『アルベルト・シュバイツァーの名言』

今回の『Mind Charging』は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者哲学者医者オルガニスト音楽学者である『アルベルト・シュバイツァー』の名言です。

20世紀ヒューマニストとして知られている人物である。30歳の時、医療伝道に生きることを志し、アフリカ赤道直下の国ガボンランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされています。また、日本においては内村鑑三などによって古くから紹介され、その生涯は児童向けの偉人伝において親しまれています。

哲学でも業績を残し、『生命への畏敬』の概念で世界平和にも貢献しました。『密林の聖者』と呼ばれた人物の残した言葉とは?

Mind Charging vol.67 6.30

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP