Mind Charging vol.88 『ウイリアム・ヘイズリットの名言』

今回の『Mind Charging』は、イギリス著作家批評家、随想作家である『ウイリアム・ヘイズリット』の名言です。

1811にロンドンでイギリス哲学に関する連続講演会を催して名を知られるようになり、ロンドンに滞在しつつ下院の傍聴席で議会報告を書き、新聞に公表するというのがジャーナリストとしての最初の仕事となったそうです。

以後は政治記者・劇評記者・美術評論家として認められ、雑文やエッセイで一家をなすことになります。

最期に「さて、楽しい一生だった Well, I’ve had a happy life.」と言い残し、この世を去ったというウイリアム・ヘイズリット。自分がこの世を去る瞬間の気持ちなど、想像もできませんが、そんな最高の人生の終わり方ができた人物の言葉を今回は紹介します。

Mind Charging vol.88 7.28

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP