Mind Charging vol.188 『チャールズ・ディケンズの名言』

今回の『Mind Charging』は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリス小説家である『チャールズ・ディケンズ』の名言です。

主に下層階級を主人公とし、弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した小説家です。

チャールズ・ディケンズの小説家としてのスタートは、新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『ボズのスケッチ集(英語版)』から世に出ることになりました。

今回は、大変な少年時代を経て『英国の国民作家』と評されるほどの小説家に成長した人物の言葉を紹介します。

Mind Charging vol.188 1.15

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP