Mind Charging vol.278 『金子みすゞの名言』

今回の『Mind Charging』は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本童謡詩人である『金子みすゞ』の名言です。

本名は『金子テル』さんといいます。大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴り、そのうち100あまりの詩が雑誌に掲載されたとされています。

今回は、西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された詩人の言葉を紹介します。

vol.278 金子みすゞ

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP 数字で見る!正智深谷の魅力