Mind Charging vol.107 『オリヴァー・ゴールドスミスの名言』

今回の『Mind Charging』は、アイルランド生まれ詩人小説家劇作家である『オリヴァー・ゴールドスミス』の名言です。

主著に小説ウェイクフィールドの牧師』(The Vicar of Wakefield)、喜劇『お人よし』と『負けるが勝ち』、長編詩の『旅人』、詩集の『寒村行』(The Deserted Village)があります。

1764年にジョシュア・レノルズサミュエル・ジョンソンが結成した「ザ・クラブ」(のちの文学クラブThe Literary Club)の創立会員となり、長詩喜劇作品を発表しました。

43歳あるいは46歳で死去という非常に短い生涯であったオリヴァー。小説や喜劇だけでなく、伝記も書いたという幅広い才能を持った著者が残した言葉とは?

Mind Charging vol.107 9.8

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP