Mind Charging vol.135 『ウラジーミル・プーチンの名言』

今回の『Mind Charging』は、ロシア連邦政治家であり、第4代ロシア連邦大統領である『ウラジーミル・プーチン』の名言です。

ウラジーミルさんです。最初はウラジミールさんだと思っていました。長年、大統領として活躍していますが、大統領だけでなく、第2・第4代ロシア連邦安全保障会議議長も務めています。

また、第5・第9代ロシア連邦首相(1999年8月16日 – 2000年5月7日、2008年5月8日 – 2012年5月7日)、統一ロシア党首(2007年12月31日 – 2012年5月30日)、ベラルーシ・ロシア連合国家(正式名称は「連合国家」)の初代閣僚会議議長(首相に相当する。2008年5月27日 – 2012年5月7日)など政府・政党の要職を歴任した。この他にサンクトペテルブルク副市長も務めていました。

大国を長期にわたってリードし続けることは並大抵の作業ではないと思います。様々な知識はもちろんですが、これだけ続くということは国民に愛され続けることができているということでもあると思います。それは政治家にとって一番大切であり、一番難しいことかもしれません。

今回はリーダーになる人が持つ『カリスマ性』はどうやって身につくのかという秘訣が少し見えるような名言です。

Mind Charging vol.135 10.14

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP