Mind Charging vol.57 『ルイーザ・メイ・オルコットの名言』

今回の『Mind Charging』は、1868年に描かれた小説『若草物語』で有名なアメリカの小説家である『ルイーザ・メイ・オルコット』の名言です。

彼女の父は、一家が1844年ボストンへ移住してから実験学校を設立し、またラルフ・ウォルドー・エマソンや、このコラムでも紹介したヘンリー・デイヴィッド・ソローらと共に超越主義者クラブに参加していた著名な超越主義者で、彼女も幼い頃から父の思想に大きな影響を受けていたようです。

若草物語は続編があり、合計4作品です。私は読んだことがないのですが『自伝的小説』ということで、時代背景も含めてかなり衝撃的なものかもしれませんね。機会があれば読んでみたいと思います。

彼女が生きた時代は、今ほど女性の社会進出がなかった頃で、そういう意味では”先駆け”的な存在でした。そんな女性クリエイターが残した言葉とは?

Mind Charging vol.57 6.16

※バックナンバーも是非ご覧ください!

PAGE TOP